スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 鉄道コム
関連するタグ

VVVFインバータとは?

~VVVFインバータとは?

・新京成とVVVFインバータとの関係
VVVFインバータとは何か説明する前に、新京成電鉄との関係を説明させていただきます。なぜ、新京成と車両部品のインバータが関係しているかというと、新京成電鉄は世界で初めて長編成にVVVFインバータを採用した会社だからです。最初に導入した車両は8800形で、その後の車両にも導入されました。最近では省エネルギー・省力化の為、サイリスタチョッパ・界磁チョッパ制御の8000形をVVVFインバータ制御に改造する取り組みに力を入れています。

・VVVFインバータとは?
インバータとは、直流の電流を交流の電流に変換する装置のことを言います。では、VVVFとはなにかといいますと、

Variable Voltage Variable Frequency
 (可変)  (電圧)  (可変)  (周波数)


の略です。通称、「3VFインバータ」や「ドレミファインバータ」などと言われています。(※ドレミファインバータの由来は後ほど説明します。)
その名の通り、直流電流を交流電流に変換する際、同時に電圧や周波数なども変えることができる装置です。
先ほど紹介した、「ドレミファインバータ」の由来について説明したいと思います。なぜ、ドレミファかというと、電車の発車時の音が「ドレミファソラシド~」と音階のように聞こえるため、通称「ドレミファインバータ」と言われるようになったのです。わかりやすいのは、京浜急行電鉄の1000形や2100形、常磐線のE501系などが代表的です。

・なぜVVVFインバータが良いのか
昔の電車は、架線には直流電流を通しており、直流モーターを使用していました。しかし、直流モーターはコストが高く構造が複雑な為、問題とされていました。一方
コストが安く構造が簡単な交流モーターに注目が集まりました。しかし、交流モーターは低速時の馬力がない為、交流の電圧・周波数を自由に変える必要がありました。そこで開発されたのが、VVVFインバータです。さらに他の制御機能と比べ速度制御に抵抗を使わないため省エネになり、どの鉄道会社でも取り入れられるようになりました。




スポンサーサイト

 鉄道コム
関連するタグ

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

水狐

水狐

新京成を愛してやまない沿線住民。撮ったり乗ったりいろいろやってます。ちなみにJRや他の私鉄の知識は乏しかったりします。

愛用機
Nikon D3000
Nikon D7100

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
タグクラウド

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
Twitter
QRコード
QR
クリックバナー
にほんブログ村 鉄道ブログ 京成線へ

鉄道コム

カウンター

Yahoo!ブログ訪問者50178人(H25/12/15まで)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。